MENUCLOSE

応募受付終了
開催日:2021年6月22日(火) 応募締切日:2021年6月20日(日)

探究×入試勉強会 vol.2
[探究型入試の先進的導入、その現状と課題とは?]

桜美林大学は、高校の先生方をはじめとした教育関係者を対象に、<探究×入試>勉強会をオンラインで開催いたします。

このプログラムの
応募は終了しました

OUTLINE

プログラム概要

開催日 2021年6月22日(火)16時~17時
開催場所
お申込の方へURLをお送りします
内容 2022年度から高等学校での「探究」が教科として全面的に位置づけられます。しかし高校現場には「探究は入試につながるのか」「本当に意味があるのか」という不安感があるのではないでしょうか。

一方で大学側は、高校側のこうした教育改革に期待する流れがあります。そして全国を見渡すと、国公立大学こそ先駆けて探究型入試を導入している様子が見て取れます。今回は昨年度から「へるん入試」を導入した島根大学からゲストをお招きし事例をお伺いします。

質疑応答や対話の時間を設けておりますので、高大の目線をすり合わせる意見交換の場となれば幸いです。
講師 泉 雄二郎 様
島根大学 教育・学生支援本部 大学教育センター 副センター長
1957年、島根県松江市生まれ 大阪大学基礎工学部生物工学科卒。大学卒業後、郷里の島根県に帰り、県立学校の理科(生物)の教員として県内9校、県教委に勤務。退職後、島根大学アドミッションセンター(現大学教育センター)に勤務、5年目。入試改革、高大接続を推進し、総合型選抜I「へるん入試」の設計、広報を担当しています。

高原 幸治
桜美林大学 入学部 部長/学長補佐
1972年、大阪生まれ。桜美林大学大学院・大学アドミニストレーション研究科修了。大学卒業後、中学生や高校生を主な対象とした国際交流プログラム、海外留学を企画運営する会社に就職。2002年より学校法人桜美林学園に移り、国際交流、改組準備室、就職支援、学生支援などの部署を経て現職。
参加対象 高校の先生方など教育関係者
受講料 無料
参考資料

桜美林大学探究入試 Spiral

詳しくは画像をクリック

募集人数 先着50人
持ち物 ZOOMの接続環境
締切日 2021年6月20日(日)
主催 桜美林大学
参加までの
流れ

マイページ+登録

まずは黄色いボタンから「マイページプラスforTEACHERS」に登録してください。

イベント参加申込

「マイページ+」でイベント参加申込ボタンを押してください。ZOOMのURLが登録アドレスに自動送信されます。

オンラインイベント 

2021年5月25日(火)にZOOMで開催します。

SCHEDULE

スケジュール

DAY 01
15:50
ZOOM開室
16:00
オープニング
16:10
事例発表①
島根大学「へるん入試」
泉 雄二郎 様
島根大学 教育・学生支援本部 大学教育センター 副センター長
16:30
事例発表②
桜美林大学「探究入試Spiral」
高原 幸治
桜美林大学 入学部 部長/学長補佐
16:40
参加者からの質疑応答
16:55
まとめ
17:00
終了

このプログラムの
応募受付は終了しました。